女性

月経前症候群の対策は

サプリメント

女性なら誰でもなる病気

PMSは月経前症候群という病気のことであり、月経が近づいてくるといつも以上にイライラしたり、眠い、だるいといった精神的・身体的な症状のある病気です。この病気は月経のある期間にいる多くの女性が悩んでおり、その中でも特に出産を経験している30代以降の女性はその症状が重いことが多いです。PMSになる期間に関しては月経が始まって5年後くらいから閉経の5年前程度とされています。PMSの特徴に関しては、月経期間中もイライラしやすいということもあり、月経が終わると症状が安定することが挙げられます。原因は現段階では不明ではありますが、ホルモンバランスが月経によって崩れることが原因ではないかと考えられています。

対策は

PMSの対策に関しては日常生活で補うことの出来ない栄養をサプリメントで補うという方法もあります。PMSの症状がある人を対象にしたサプリメントも多数あるので、是非これを利用して症状を軽くしましょう。まず例として挙げられるのは「プラセンタ」です。これに関しては必須アミノ酸を多く含んでいるサプリメントとして有名であり、一番流通しているものに関しては豚のものが多いです。少し効果にはなりますが、馬のプラセンタは特に質が良く、何より動物の胎盤であるのでアレルギー反応が出ないので安心です。次に挙げられるのは「イソフラボン」です。大豆に多く含まれているものとして有名ですが、自律神経を整える役割のある栄養であるので、イライラによる体調不良を改善することが出来ます。これに関してはサプリメントは極力頼らず、大豆製品をしっかり摂るようにしましょう。