女性

つらい生理前の症状改善に

看護師

不快な症状を改善する

PMSは「月経前症候群」とも呼ばれ、生理前の女性の心と体に生じるさまざまな不調を指すものです。PMSの対策としては、病院で処方してもらう低用量ピルが有効で、服用によって症状を軽減することができます。ですが、低用量ピルの使用を避けたい場合、あるいは症状がそれほど重度でないような場合は、低用量ピルではなくサプリメントを活用する手もあります。PMSは多くの女性に自覚症状がありますが、病気だという認識を持つ女性は少なく、サプリメントはそんな女性たちのPMS対策として人気を集めています。ただし、PMSの症状は個人差があり、またその内容も非常に多岐に渡るため、どの成分を含むサプリが有効なのかは、実際に試してみたうえで、自分に合うサプリを見つける必要があります。

症状の原因とケア方法

PMSは生理前の1〜2週間に発生し、その症状は、大きく女性の体と心、行動に影響を与えます。体への症状としては、ニキビや肌荒れ、顔や手足のむくみ、乳房の張りや痛み、頭痛や腰痛、吐き気、だるさ、下痢や便秘などがあります。心への影響は、イライラや感情の爆発、注意力が散漫になったり、憂鬱な気分になったりします。行動への影響としては、性欲の増減ややつ当たり、暴力行為や暴食、拒食といったものがあります。PMSの対策としては、基礎体温を知って自身の体の変化を把握したうえで、生活に余裕を持たせるように心がけることが重要です。生活リズムはできるだけ乱さないようし、しっかり睡眠をとるようにするだけでも対策になります。また、リラックス効果としてアロマオイルやハーブティーを使ってみるのも効果的です。